minimoサロン向け管理ツール利用規約

  • 2016年3月9日 制定
  • 2016年5月11日 改定
  • 2016年10月7日 改定

minimoサロン向け管理ツール(以下、「本ツール」と言います)とは、美容関連サービスを提供している店舗(以下「サロン」と言います)が顧客の予約、スタッフスケジュール等の管理を目的として利用できる、株式会社ミクシィ(以下「弊社」と言います)が提供するウェブ上のツールです。
minimoサロン向け管理ツール利用規約(以下「本規約」と言います)は、本ツールを利用するユーザー(以下、「利用者」と言います。)に対し、その利用条件を示したものです。利用者は、本規約に同意のうえ、本ツールを利用するものとします。
利用者は、本規約の他に弊社が別途定める各種利用規約(以下「利用規約等」と言います)を遵守するものとします。利用規約等は本規約の一部を構成するものとし、本規約と利用規約等の内容が矛盾する場合には、本規約が優先するものとします。

第1条 本ツールの利用開始と削除

  1. 利用者は、本規約の内容に同意した上で、弊社所定の方法により本ツールを利用開始することができます。
  2. サロンの責任者またはその権限を有する者が本ツールを利用開始することができ、当該本ツールの利用者となります。法人で利用することもできます。
  3. ユーザーが未成年(20歳未満)であった場合は、保護者または親権者の同意を得た上で本ツールを利用開始するものとします。
  4. 利用者は、本ツールの認証情報(ID、パスワードなど)の不正利用の防止に努めるとともに、その管理について一切の責任を持つものとします。
  5. 本ツールの名称は、店舗の正式名称を設定してください。不適切な名称の場合、弊社の判断で変更させていただく場合があります。
  6. 利用者が本ツールの削除を希望する場合は、弊社所定の方法で申請してください。
  7. 弊社は、利用者が次の各号に掲げるいずれかの行為を行った場合には、弊社の判断により、本ツールを強制的に削除することや本ツールの利用開始をお断りすることがあります。
    • (1) 弊社所定の方法によらずに利用開始したことが明らかとなった場合
    • (2) 本規約または利用規約等に違反した場合
    • (3) その他弊社が不適切と判断した場合

第2条 本ツールの利用者について

  1. サロンの代表者または代表者から許諾された従業員等である者が利用者になることができます。利用者は本ツールを利用する権限があることを保証するものとします。
  2. 利用者は、本ツールを販売、譲渡、または貸与する等、第三者に管理させることはできません。ただし弊社が別に認める場合は除きます。
  3. 利用者は、利用者の自己責任において本ツールを利用するものとし、本ツールを利用してなされた一切の行為およびその結果について一切の責任を負います。
  4. 利用者は、本ツールを利用するために必要なあらゆる機器、ソフトウェア、通信手段を自己の責任と費用において、適切に整備するものとします。
  5. 利用者は自己の利用環境に応じて、コンピューター・ウィルスの感染の防止、不正アクセスの防止および情報漏洩の防止等のセキュリティ対策を講じるものとします。
  6. 利用者は、本人、本人が所属するサロンの責任者または従業員が総会屋、暴力団等もしくはそれらの構成員またはそれらに準ずる反社会的勢力(以下「反社会的勢力」といいます)と一切の関係が無く、名目を問わず資金提供その他の取引を行うものでないこと、および本人、本人が所属するサロンの責任者または従業員が関係する企業、事務所もしくは団体等またはそれらの役員、従業員もしくは所属モデル等が、反社会的勢力と一切の関係が無く、名目を問わず資金提供その他の取引を行うものでないことを保証するものとします。

第3条 禁止事項

利用者は、本ツールの利用にあたり、次に掲げる行為を行ってはならないものとします。

  • (1) 弊社もしくは第三者の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為。
  • (2) 弊社もしくは第三者の財産、プライバシーもしくは肖像権を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為。
  • (3) 弊社もしくは第三者を不当に差別もしくは誹謗中傷し、弊社もしくは第三者への不当な差別を助長し、またはその名誉もしくは信用を毀損する行為。
  • (4) 自己以外のものを名乗ったり、代表権や代理権がないにもかかわらずあるものと装ったり、または他の人物や組織と提携、協力関係にあると偽る行為。
  • (5) 弊社の設備に蓄積された情報を不正に書き換え、または消去する行為。
  • (6) ウィルス等の有害なコンピュータプログラム等を送信する行為 。
  • (7) 弊社または第三者のサーバーに負担をかける行為、もしくは、本ツールの運営やネットワーク・システムに支障を与える行為、またはこれらのおそれのある行為。
  • (8) その行為が前各号のいずれかに該当することを知りつつ、その行為を助長する行為。
  • (9) 法令、公序良俗に違反し、または第三者の権利を侵害すると弊社が判断する行為。
  • (10) その他、弊社が不適切と判断する行為。

第4条 本ツールの変更等

  1. 弊社は、弊社の都合により、本ツールをいつでも任意の理由で追加、変更、中断、終了することができます。
  2. 弊社は、弊社が必要と判断した場合には、特定の利用者および本ツールに対して、本ツールの全部または一部の利用またはアクセスを制限・中断・終了する場合があります。

第5条 利用料金

  1. 本ツールの利用は原則として無料とします。
  2. 本ツールを利用して、美容などのサービス提供についての募集を、弊社が別途提供する美容関連マッチングサービス「minimo」(以下「minimo」と言います)で行うことができます。その場合には、minimoの施術者としてminimo利用規約およびminimo利用手数料規約に基づく所定の手数料がかかります。

第6条 本規約等への違反に対する措置

  1. 弊社は、本規約または利用規約等に違反する行為またはそのおそれのある行為が行われたと信じるに足りる相当な理由があると判断した場合には、当該行為を行った利用者の利用停止処分、本ツールの削除等の弊社が必要と判断する措置を行う場合があります。
  2. 利用者は、弊社が前項の規定に基づいて行った措置に対して、異議を申し立てないものとします。

第7条 本規約の変更

弊社は、弊社の判断により、本規約をいつでも任意の理由で追加、変更、削除することができるものとします。その場合、変更後の本規約は、弊社が別途定める場合を除いて、本ツール上に表示した後に初めて利用者が本ツールを利用した時点より効力を生じるものとします。

第8条 minimo連携

  1. 本ツールはminimoと連携することができます。
  2. 利用者は、minimoの施術者を本ツールを利用して管理することができます。本ツールで施術者を管理するには、当該施術者の許諾が必要となります。
  3. 前項の許諾は、当該施術者が取り消すことができます。取り消された場合、当該利用者は当該施術者を管理することができなくなります。
  4. 本ツールをminimoと連携して利用する場合は、minimo利用規約も適用されます。本規約とminimo利用規約が矛盾する場合は、本ツールの利用に関しては本規約が優先するものとします。

第9条 情報等の使用許諾等

  1. 利用者が本ツールに保存した情報(以下「情報等」といいます)の著作権を含む一切の権利は、利用者に帰属します。
  2. 利用者は弊社に対し、情報等を弊社による本ツールの提供に必要な範囲内で、無償かつ非独占的に使用することを許諾し、またはそのために必要な措置を講ずるものとします。
  3. 本ツールは、他のサービス(第三者が提供するものを含む)と連携できる場合があります。その場合は、情報等が当該他のサービスに提供されることがあります。

第10条 弊社の広告表示

  1. 弊社は、本ツール内に広告を掲載することがあります。
  2. 弊社は、広告の種類、内容、掲載位置等を任意に定めることができるものとし、利用者等はこれに同意するものとします。

第11条 利用者に対する情報発信

弊社は、利用者に対して新サービスの告知、広告配信、サービス運営上の事務連絡、その他情報の提供を行います。ただし、利用者が情報の提供を希望しない旨を、事前または事後に弊社所定の方法で通知した場合は、本ツールの提供に必要な場合を除いて、情報の提供を行わないものとします。

第12条 秘密保持

  1. 秘密情報とは、弊社が、技術、事業、営業その他に関する秘密として管理している情報をいいます。なお、口頭で開示した情報については、開示後30日以内に書面にて秘密である旨を利用者に通知した場合に限り秘密情報として扱います。ただし、以下のものは除きます。
    • (1) 開示前に公知になっていた情報
    • (2) 開示後に公知になった情報 ただし、公知となった原因が利用者にある場合を除く
    • (3) 開示前に利用者が保有していた情報
    • (4) 開示後に正当な権限を持つ第三者から何ら秘密保持義務を負わず適法に入手した情報
    • (5) 秘密情報に依拠することなく独自に開発した情報
  2. 利用者は、適切な措置を講じることによって秘密情報を秘密として保持するとともに、弊社の書面による事前の同意なくして第三者に開示、漏洩してはならないものとします。
  3. 利用者は、秘密情報を本ツール利用のためまたは開示時に弊社が指定する目的にのみ使用し、他の目的のために使用しないものとします。
  4. 利用者は、弊社の書面による事前の同意なくして、秘密情報を複製・複写することはできないものとします。
  5. 利用者は本ツールを削除したときまたは弊社から求められたときは、秘密情報(複製・複写を含む)を弊社に返還し、または弊社の指示に従い廃棄するものとします。
  6. 法令または公権力により、秘密情報の開示が義務付けられたときは、利用者は当該義務の範囲内において、弊社に通知のうえ、秘密情報を開示することができるものとします。ただし、これにより前各項の義務が免除されるものではありません。

第13条 個人情報の取り扱い

弊社は、個人情報を「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取り扱うものとします。

第14条 免責事項

  1. 弊社は、利用者の通信や活動に関与しません。万一紛争があった場合でも、当該当事者間で解決するものとし、弊社はその責任を負いません。
  2. 弊社は、本ツールに関するサービス内容の追加、変更、またはサービスの中断、終了によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。アクセス過多、その他予期せぬ要因で表示速度の低下や障害等が生じた場合も同様とします。
  3. 弊社は、本ツールの動作についていかなる保証もしません。
  4. 弊社は、次に掲げる場合には、情報等の内容を閲覧したり、保存したり、第三者に開示すること(以下、本項において「閲覧等」といいます)ができるものとします。弊社は、それによって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。
    • (1) 本ツールの技術的不具合の原因を解明し、解消するため必要な場合。
    • (2) 裁判所や警察などの公的機関から、法令に基づく正式な照会を受けた場合。
    • (3) 本規約、利用規約等もしくは法令に違反する行為が行われた場合、またはそれらの行為が行われたとして、第三者からの通報等があった場合。
    • (4) 人の生命、身体および財産、プライバシーなどに差し迫った危険があり、緊急の必要性があると弊社が判断した場合。
    • (5) その他本ツールを適切に運営するために必要が生じた場合。
  5. 弊社は、利用規約等または本規約に違反する行為またはそのおそれのある行為が行われたと信じるに足りる相当な理由があると判断した場合には、当該行為を行った利用者の利用停止処分、本ツールの削除等の弊社が必要と判断する措置を行う場合がありますが、それによって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。また、弊社はそれらの措置を行った理由を説明する義務も負いません。
  6. 前項の措置は、前項の行為により弊社が損害を被った場合の弊社による利用者への損害賠償を妨げるものではありません。
  7. 弊社は、情報等を保存する義務を負いません。バックアップの責任は利用者にあるものとします。

第15条 準拠法および管轄裁判所

  1. 本規約の準拠法は、日本法とします。
  2. 利用者と弊社の間で疑義または争いが生じた場合には、誠意をもって協議することとしますが、それでもなお解決しない場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。