ヘアアレンジのプロが語る!技術の身につけ方とSNS集客のコツ


講師陣 × minimo トークセッション(前編)

2017年11月14日に開催されたHAIRCAMP(ヘアキャンプ)主催の学びの祭典 セミナー&ショー。「集客を見据えた技術」をテーマにGEKKABIJINオーナーの佐伯 優さん、MILEY・Routineオーナーの長澤 圭佑さん、ミニモの齋藤 周平が語りつくしました!

佐伯 優

ヘアメイク着付け専門店・GEKKABIJINオーナー。公式インスタグラムにはセットサロンの技術を垣間見ることができる動画が並ぶ。

長澤 圭佑

SNSプロモーション特化型美容師オンラインサロン・Routineを牽引しながら、自身のサロンであるMILEYのオーナーを務めている。

齋藤 周平

集客アプリ「minimo(ミニモ)」の中の人。サロンさまとミニモをつなぐアカウントプランナー。

Talk Theme1:集客と技術の関係

 

ーまずは「技術」というところで佐伯さん!いつもどのように技術を高めていらっしゃるのですか?

佐伯さん(以下、佐伯) セットサロンのうちはセットを毎日やっているので、セットではどこにも負けないようにと思っています。そこが自分たちの一番の強みであることを理解した上で、強みを伸ばそうというのを心がけていますね。とにかくいいところを伸ばす。

ーいいところを伸ばしたり、教えたりするための新しい技術はどこから情報収集してるんですか?

佐伯 今はやっぱりインスタでいろんな方々が発信していますよね、海外の方もそうですし。日本の美容師さん、セット師さんなどのスタイルを見て勉強したりしています。流行りというか最新のものはインスタに載っているのかなと。

ー長澤さんはいかがですか?

長澤さん(以下、長澤) 僕も基本的にネットが多いですね。実は4年前まで一切やったことがなくて。でも大型店から個人店に移動したことを機にうまくなろうと思って、はじめてセットウィッグを買いました。そのときにまずどういう風に勉強したかと言いますと、YouTubeで編み込みのやり方から勉強しまして。インスタグラムをはじめてからは、インスタで上手い人のアレンジをみて、その人と同じアレンジを作っていくという作業をするんですよ。そうすると上手い下手の差が歴然としているので、自分はなぜ下手なのかを分析して、そこが巻きなのかほぐしなのか質感なのかバランスなのか…1つ1つ分析しながら、毎日1アレンジするという課題を設けて今に至るという感じですね

苦手なことって伸びしろやと思ってます。苦手なことを得意に変えるとそれが自分の武器になってくるので。もともとカットとかカラーとかは好きでやってたんですけれども、そこをバンって伸ばすこともやりながら、自分自身で手をつけてなかったところをやって伸ばしていく、その伸びしろの方がすごい楽しかったので。基本ポジティブですね(笑)。

ーYouTubeだと一方的になると言いますか、分析できる方はいいと思うんですけど、誰かに質問したいとかは思わなかったですか?

長澤 思ってました!それが正解かどうかもわからなかったので。でも、自分の中で考えて答えを出していった方が他の人と被らないものができるので、なんか逆に質問しなくてよかったなという部分もありましたね。自分のスタイルとして確立できたので

ー技術についてはお二方とも自分からアプローチしていくスタイルということですね。では、「集客」についてはどのようにお考えですか?

佐伯 結局なんのために集客をしているかというと、僕らは趣味でやっているわけではなくて仕事でやっているので、お客さんをこなしてお金をいただかないといけないからですよね。集客するとなるとまずは知ってもらうという活動から入るんですけど、その知ってもらうきっかけが今だったらインスタグラムとかSNS系ですかね。やっぱりパイがあるところ、大きなマーケットがあるところにめがけてズコーンといきます。

同じ業種のスタイルを見るとき、僕は集客においては、その人が作ったスタイルというよりも、ネットだったらネットの状態の写真の上がりに勝とうということを考えますね。施術がうまけりゃ集客ができるのかというとそれは別の話で、集客はうまく発信できた人ができるので、「この写真のクオリティに勝とう」というところからはじめますね

うちはセットサロンなので、結婚式とかの場面で使ってもらうことが多くて、新規がほぼほぼなんですよ。何かを見ていいなと思って来てくれたか式場の近くかのどっちかなんですけど、(お客さまは)地域ありきで写真から探すので、その地域の中の写真で一番になろうというのがうちの考え方ですね。

ー写真の撮り方も勉強されますか?写真のいい撮り方ってあるんでしょうか?

佐伯 それはありますね、コツというか。「これなんで流行ってるんだろうな」とか考えると、やっぱりセットのスタイルはバックスタイルのPVが上がったりするので、バックスタイルで撮ったりします。今だったらちょっと写真をぼやかしたようなニュアンス系の柔らかい雰囲気が出るような撮り方ですかね。「スマホで撮ったよ」くらいのクオリティーの淡い感じがよかったりするので、時代の流れに合わせながらやってますね。集客においてうちは、技術というよりも写真をベースで考えてます。

ー長澤さんはいかがですか?集客ってすごく抽象的だと思うんですけど。

長澤 4年前に個人店に入ったとき、新規のお客さまが5人しか来なかったんですよ。僕は全く別の地域で働いていたので顧客がゼロの状態から売り上げを作っていかないとダメだったので、まずはツイッターとかインスタグラムをとりあえずやりはじめたんですけど。そうすると月に40〜50人がSNSから来るようになったんです。

ーみなさんもSNSされてると思うんですけど、長澤さんはなぜそこまでSNSで集客ができるようになったと分析されますか?

長澤 結構簡単な話で、僕は兵庫県の姫路市というところでやってるんですけど、他の美容師さんがあげてないスタイルをあげるっていう。「姫路に住んでるんだけど、姫路の美容室には行かない」っていう女の子をターゲットに、僕はスタイルをどんどんあげていってたんです。だいたいおしゃれな子って神戸とか大阪の美容室に行っちゃうんですね。その子たちを姫路の美容室に留めておいたらひとり勝ちなんですよ。そうするために何をしないといけないかというと、まず神戸や大阪のスタイルを分析して、姫路市の人があげてるスタイルとはまた違ったスタイルを載せるってことをやっていかないとだめなんですよね。で、自分自身がとっていきたい層はどこなのかというのを明確にして、そこに向けての発信をしていくっていうところです。今だとアレンジの新規の方が月に50人くらい来られるんですけど、おかげで姫路市の中では知名度はバンと上がってよかったと思ってます。

ー齋藤さんとしては集客ってどうお考えですか?

齋藤 先ほどお二人がおっしゃっていたことがその通りだと思っていて。技術を身につけた先に集客があって、お客さまを呼んでお金をもらうっていうビジネスとして考えたときに、やっぱりお客さまが今何を求めていて、どんなワードで検索をしていて、どんなエリアで髪を切る人が多くて…というマーケティング的なところを意識することが大事だなという風に思っています

先ほどの、近くにないスタイルをあげていったというのも、それがひとつのマーケティングになっているかなと思っています。職人さんの業界なので自分が作りたいスタイル、かわいいと思うスタイルをあげるっていうのは前提としてすごく大事で、でも一般のお客さまが「美容室に行って髪を切ろう」と思ってサロンを比較検討するときに、同じようなスタイルが上がっていると埋もれてしまうという状態にどうしても陥りやすいですよね。なので自分たちがあげたいスタイルっていうのは戦略的に。周りのサロンがこういうスタイルをあげていて、こういうメニューをこういう料金で出していて、空間やブランディングはどう出しているっていうのを知った上で、じゃあうちのお店はどう打ち出そうと。やっぱり技術を磨いていったりとか、自分のサロンの売りになる武器を増やしていくっていうのが、集客をする上ですごく大事なのかなと思います

ーブランド作りがすごく大事で、それを確立していくためにしっかりと情報収集をして店舗ごとに繰り広げていくということが第三者目線から見ても大事ということですね。

 

2つめのトークテーマは後編に続きます!

 


ミニモの中の人・ちかてぃ

ユーザーコミュニケーションに全力投球してきたSNS育ちのエディター/ディレクター。m愛に満ち溢れた社会人ライフを爆走中(`・ω・´)

  • twitter

タグ一覧

お問い合わせ







個人情報の取り扱いについて」を必ずご覧いただき同意の上お問い合わせください。

新着記事

【開業初期 #2】新規客を増やしたい!地域にあった顧客を獲得するには?

サロンの衛生管理を徹底!消毒について覚えておくべきことは?

マザーグルーシリーズとギプスグルーの正しい使用期限は?

【開業初期 #1】他のネイルサロンと差別化したい!違いはどう演出すればいい?

【2017秋冬】人気4ブランドから選出!売れ筋リップカラー特集♡

施術した日の洗顔はする or しない?マツエクの正しいアフターケアは?

グルー・人工毛・リムーバーは”同じメーカー買い”した方がいい!その理由は?

施術前に確認!新規客にグルーのパッチテストは必要?

装着前処理化粧水 or 精製水?かぶれやすいお客さまの前処理方法は?

マザーグルーシリーズとギプスグルーの硬化時間は?

美容室集客の関連タグ

マツエクサロン集客の関連タグ

ネイルサロン集客の関連タグ

エステサロン集客の関連タグ

ミニモ集客の関連タグ

ミニモスマホでかんたん集客アプリ

ミニモ(minimo)は、美容師、ネイリスト、アイデザイナー、エステティシャンなど施術スタッフ一人ひとりが簡単に集客・モデル探しができるアプリです!

minimoアプリ

  • Apple Store
  • Google Play