結果を残して”全店舗導入”を目指す!AFLOATはどう闘う?


前回の記事では、アフロート ワールド 渋谷(AFLOAT WORLD)でミニモ導入を決めた理由について語ってくださった蝶野 健太さん。今回は、ミニモで集客を成功させるための具体的な戦略に迫ります。

前回のインタビュー記事はこちら

蝶野 健太

全社の「教育チーム」を率いる傍ら、AFLOAT WORLDのプロデューサーを務める敏腕プレイヤー。取材中に垣間見た”後輩愛”が印象的。

利益をあげるのが大前提

ー全店舗導入に向けての戦略をお伺いさせてください…!

もう、結果のみです。数字として結果を残して、会社全体で取り組みたいですね。他の店舗の若手にもチャンスをあげたいので。

ー結果を出すための秘策を教えていただくことはできますか?

決められた材料費の中で提案しようと思っています。メニューはカラーで勝負するのですが、メニュー化をする上でカラーが得意なスタッフにブリーチの材料費を算出させました。

「材料費を◯%でおさえるなら、これくらいの金額にしないといけない」「この仕上がりにするためには、ホイール何枚使えばいいの?」ということをちゃんと話し合っていて。今そういうところまでやってますね。

ー”利益が出る料金設定”をする、ということですね。

究極のところ、利益として残らなければ全く意味がないことになってしまうので。会社として取り組んだときに、技術に対してしっかりと金額をいただかないと、価格競争の波に呑まれて終わってしまうと思うんですよね。

高い単価を下げるのは楽ですけど、上げるのって難しいですよね。「単価を上げたことによって、お客さんが離れてしまった」というところに陥りやすいので、ある程度の線引きをしっかりやってコントロールしていかないと、ちょっと危険かなって思います。

 

メニューはリピーターを見据えて作る

ー個人のやり取りに不安をお持ちでしたが、それに対して具体的に取り組もうと思っていることはありますか?

金額の提示をグレーゾーンで書かないようにしようかなと思っています。ミニモを見ていると、たぶん一般のお客さまにはわからないけど、プロの僕らからすると「実際これってどういうメニューになるんだろう」とか、「実際行ったら金額上がるんだろうな」ってイメージのメニューが結構あるので。

そういうのってあんまりやりすぎちゃうとクレームにつながりやすいし、お店にお客さまがはじめてきてくれたとしても、次の2回目、3回目につながるのかなって。

ーお客さま目線でメニューを作るということですね。

自分に置き換えて考えたときに、お金で揉めたお店って行きにくいと思うんですよね…。レジで「予約したときの金額と違うんですけど…」ってお金に関して言うお客さま側に体力がいりますし、それをさせちゃうと、「他にもいっぱいあるから他に行こう」ってなるかなって。だから金額のところは明確にしておこうと思います

 

リスクを取るから大きな成果に

ー”スタッフ全員”で取り組むのはハードルがかなり高いと思うのですが、店舗導入にこだわった理由を教えてください。

やっぱり、AFLOAT WORLDを盛り上げたいからですよ。「個」で盛り上がるのもいいんですけど、「個」ではなく「集」でやった方が強いと思うんですよね。その方が、”渋谷にアフロートがある”ということをより知ってもらえるチャンスがあるし、誰かの売上があがって盛り上がったときは、お店としての”みんなの成果”になるので。

ー”みんなの成果”になれば一気に士気が上がりそうですね。

これまでのアフロートは、「個人ブランディングがしっかりできて、個人で売上をあげて、個人で結果を出して…」というサロンだったんですけど、渋谷店は個人じゃなくてお店として盛り上がれるようなサロンにしたいと思っています。お店のブランディングとして「アフロートの誰々がすごい」というのは結構あったんですけど、「アフロートの渋谷店ってみんなすごいよね」って言ってもらいたいので、それを含めて店舗ではじめたっていうのはありますね。

ーだからこそ個人ではなく”会社”の取り組みとしてトライしてくださったんですね!

やっぱり自分のサロンで働いているスタッフってかわいいじゃないですか。だからその子たちにチャンスを与えてあげて、会社の環境に感謝しながら美容師としての仕事を楽しんでもらうことができたら、いずれその子たちは自分たちが頑張れたことを会社に恩返しくれるんだろうなっていう想いがあったので。会議で言うのは大変でしたけどね(笑)。

ーアフロートさんのチャレンジングな取り組みにお供できてとても光栄です…!

新しいことに挑戦することのリスクってあるんですけど、リスクを求めないと対価は得られないと考えているので、いいチャンスだと思っています。「このチャンスをつかもう」と全員が言ってますよ。

時間を割いてやらなければいけないというデメリットはありますが、ただ、それに見合った挑戦すべき価値があるのかなと。走り続けなくてはいけない職業だと思っているので。止まったら厳しいですよ、美容師って。

 

< 編集後記 >

スタッフさんの自立をバックアップしながらチームで闘う仕組みをつくる蝶野さんは、会社・スタッフ・お客さまをWin-Win-Winの関係に導くエネルギーに満ち溢れた方でした。アフロートさんでは、「個人掲載」というサービスの特徴を活かした”ミニモ限定のオリジナルメニュー”の掲載もご検討いただいています。どのようなメニューでサプライズしてくださるのか、今から楽しみです!

 


ミニモの中の人・ちかてぃ

ユーザーコミュニケーションに全力投球してきたSNS育ちのエディター/ディレクター。m愛に満ち溢れた社会人ライフを爆走中(`・ω・´)

  • twitter

タグ一覧

お問い合わせ







個人情報の取り扱いについて」を必ずご覧いただき同意の上お問い合わせください。

新着記事

【開業初期 #2】新規客を増やしたい!地域にあった顧客を獲得するには?

サロンの衛生管理を徹底!消毒について覚えておくべきことは?

マザーグルーシリーズとギプスグルーの正しい使用期限は?

【開業初期 #1】他のネイルサロンと差別化したい!違いはどう演出すればいい?

【2017秋冬】人気4ブランドから選出!売れ筋リップカラー特集♡

施術した日の洗顔はする or しない?マツエクの正しいアフターケアは?

グルー・人工毛・リムーバーは”同じメーカー買い”した方がいい!その理由は?

施術前に確認!新規客にグルーのパッチテストは必要?

装着前処理化粧水 or 精製水?かぶれやすいお客さまの前処理方法は?

マザーグルーシリーズとギプスグルーの硬化時間は?

美容室集客の関連タグ

マツエクサロン集客の関連タグ

ネイルサロン集客の関連タグ

エステサロン集客の関連タグ

ミニモ集客の関連タグ

ミニモスマホでかんたん集客アプリ

ミニモ(minimo)は、美容師、ネイリスト、アイデザイナー、エステティシャンなど施術スタッフ一人ひとりが簡単に集客・モデル探しができるアプリです!

minimoアプリ

  • Apple Store
  • Google Play