bobhair-innercolor
ヘア

ボブにインナーカラーを入れるならこの4ヶ所!実例23選をカラー別に紹介

目次
  1. インナーカラーを入れてワンランク上のボブヘアを楽しもう♡
  2. ボブにインナーカラーを入れるなら?おすすめの場所4つ
    1. 耳まわり
    2. 後ろ髪
    3. 前髪
    4. 毛先
  3. 【ベースカラー別】おすすめのインナーボブ8選
    1. 暗髪ボブ×インナーカラー
      1. 黒髪×ブロンド
      2. ピンクブラウン×レッド
      3. 黒髪×ブルー
      4. グレージュ×ピンク
    2. ハイトーンボブ×インナーカラー
      1. ホワイトベージュ×グレー
      2. 明るめブラウン×ベージュ
      3. ミルクティーベージュ×ブラック
      4. ピンク×ブラック
  4. 【年代別】おすすめインナーボブ10選
    1. 10代×インナーボブ
      1. ぱっつんボブ×インナーカラー
      2. 内巻きボブ×インナーカラー
    2. 20代×インナーボブ
      1. 外ハネボブ×インナーカラー
      2. ウルフボブ×インナーカラー
    3. 30代×インナーボブ
      1. くびれボブ×インナーカラー
      2. ストンボブ×インナーカラー
    4. 40代×インナーボブ
      1. ボブレイヤー×インナーカラー
      2. ショートボブ×インナーカラー
    5. 50代×インナーボブ
      1. ふんわりボブ×インナーカラー
      2. ショートボブ×インナーカラー
  5. 【前髪あり・なし別】おすすめのインナーボブ5選
    1. 前髪あり×インナーボブ
      1. シースルーバング×ぱっつんボブ×インナーカラー
      2. フルバング×ミニボブ×インナーカラー
      3. 無造作前髪×外ハネボブ×インナーカラー
    2. 前髪なし×インナーボブ
      1. かきあげ前髪×ボブ×インナーカラー
      2. センターパート×ワンレンボブ×インナーカラー
  6. ボブのインナーカラーをオーダーする際のポイント
    1. インナーカラーを入れたい範囲を具体的に伝える
    2. ベースカラーと相性のよい色を選ぶ
  7. 美容室を予約するならミニモがおすすめ
  8. ボブインナーでさりげないおしゃれを楽しもう♡

「最近ボブヘアがマンネリ化してきた…」こんな悩みを抱えている人にはボブインナーがおすすめ。
髪のすき間からチラ見えするカラーリングが、さりげなくおしゃれな雰囲気を引き立ててくれますよ♡
今回は人気のインナーボブスタイルやオーダーのコツを解説します!
インナーカラーを入れようか迷っている人は、ぜひ参考にしてください◎

※本記事で紹介するのはあくまで一例です。ご自身の担当者と相談のうえ、最適な施術方針を決めていただくことをおすすめします。
※施術によってはアレルギー反応や赤み等のリスクが生じる場合がございます。ご不安のある方は必ず担当者や担当医に事前確認を行なってください。

インナーカラーを入れてワンランク上のボブヘアを楽しもう♡

#ミルクティー #ブリーチハイトーン

簡単セットでも垢抜けて見えるボブヘアは、幅広い層に愛される定番スタイルです。
一方で、ヘアアレンジのバリエーションが少なく、マンネリ化しやすいというデメリットも。

そんなボブヘアに飽きてしまった人には、インナーカラーがおすすめです。
髪のすき間からチラ見えするカラーリングが、さりげなくこなれ感をアップさせてくれます◎

また、ボブインナーはアレンジの幅が広いのも魅力のひとつ。
ガッツリ入れて華やかなスタイルに仕上げたり、内側に入れてさりげないおしゃれを楽しんだりと、自分好みに調整できますよ♡

取り入れるだけで洗練された印象になるので、ワンランク上のボブヘアを楽しみたい人におすすめです。

ボブにインナーカラーを入れるなら?おすすめの場所4つ

おすすめのボブインナーを入れる場所を4つご紹介します。
これからインナーカラーを入れようと思っている人は、ぜひ参考にしてください。

耳まわり

暖色カラー ❤︎クニトウメイ

イヤリングカラー」とも呼ばれる耳まわりのインナーカラーは、おしゃれなデザインヘアの定番です。
染める範囲が狭く髪をおろせば隠せるため、インナーカラー初心者さんでもトライしやすいでしょう◎

特にボブヘアとの相性がよく、髪を耳にかけるとチラ見えするカラーリングがこなれた雰囲気に見せてくれますよ。
できるだけインナーカラーを隠したい人や、さりげないおしゃれを楽しみたい人におすすめです。

後ろ髪

田中 海琴

後ろ髪だけのインナーカラーは、ヘアアレンジとの相性ばっちり◎
まとめ髪やハーフアップにするとチラ見えするので、一気におしゃれな雰囲気に仕上がります。

また、染める範囲にもよりますが、髪をおろせば目立ちにくいのも魅力です。
できるだけ上手に隠したい場合は、レイヤーなどが少ない重ためボブにカットしてもらうとよいでしょう。

前髪

✨透明感ケアカラー 椎名大成✨

華やかな印象になりたい人には、前髪のインナーカラーがおすすめ。
顔まわりがパッと明るくなるため、アクティブな印象に見せてくれます。

前髪のインナーカラーは他の場所に比べて目立ちやすいため、ベースカラーとの相性がとても重要です。
染める前にお気に入りのデザインを探して、美容師さんとよく相談してから施術してもらいましょう。

毛先

伊藤 拓哉

裾カラー」とも呼ばれている毛先のインナーカラー。
コロンとしたフォルムのボブヘアと組み合わせると、デザイン性の高い髪型に仕上がります。

また、インナーカラーに飽きても毛先をカットしてしまえばよいため、気軽に試しやすいのも嬉しいポイント◎
個性的なデザインカラーを楽しみたい人におすすめです。

【ベースカラー別】おすすめのインナーボブ8選

ここからは、ベースの髪色別におすすめのインナーボブをご紹介します。
暗めカラーと明るめカラーに分けてピックアップしたので、オーダーする際の参考にしてください◎

暗髪ボブ×インナーカラー

黒髪×ブロンド

黒髪ボブは明るめインナーカラーとの相性ばっちり◎

コントラストがはっきりしているので、狭めの範囲でもしっかりと映えてくれます。

オンオフ分けて、さりげないおしゃれを楽しみたい人におすすめです。

ピンクブラウン×レッド

大人可愛い印象になりたい人には、ピンクブラウン×レッドの組み合わせがおすすめです。

同系色でまとめているため、統一感がアップしてより垢抜けた雰囲気に♡

ベースが落ち着いた色味なので、40代・50代の大人もトライしやすいでしょう。

黒髪×ブルー

透明感たっぷりのブルーカラーを、耳まわりと前髪に入れたデザイン性が光るボブインナー。

顔まわりのレイヤーが小顔に見せてくれます。

いつものボブヘアに飽きてしまった人や、個性的なヘアスタイルにトライしたい人にぴったりです◎

グレージュ×ピンク

グレージュ×ピンクは大人っぽい雰囲気になりたい人におすすめ。

ホワイトに近い淡めピンクのボブインナーなので、年齢問わず取り入れやすいでしょう。

韓国風のくびれ巻きで、さらにこなれ感アップ♡

ハイトーンボブ×インナーカラー

ホワイトベージュ×グレー

ホワイトベージュ×グレーの、トレンド感たっぷりな組み合わせ。

ベースが透け感のあるホワイトカラーなので、暗めグレーが映えてくれます。

グレー系は褪色後のカラーも可愛いので、色落ちまで楽しみたい人におすすめです。

明るめブラウン×ベージュ

ベージュのボブインナーはどんな髪色とも合わせやすい人気色。

明るめブラウンと合わせれば、抜け感たっぷりな雰囲気に。

内巻きにセットすると、より柔らかさが引き立ちます◎

ミルクティーベージュ×ブラック

まろやかな色味が可愛いミルクティーベージュに、ブラックの前髪カラーを合わせたスタイル。

コントラストがはっきりとしているので、ブラックは控えめに入れるのがポイント◎

ヘアアレンジなしでもハイセンスな印象になりたい人におすすめです。

ピンク×ブラック

鮮やかなピンクにブラックを合わせた逆インナーカラー。

チラ見えするブラックカラーが色っぽい印象に♡

ヘアデザインに、とことんこだわりたい人におすすめなスタイルです。

【年代別】おすすめインナーボブ10選

インナーカラーは年齢問わず似合わせしやすいのも魅力のひとつ。

ここからは、年代別におすすめなインナーボブをご紹介します。
自分に合ったデザインで垢抜けたい人は、ぜひチェックしてください。

10代×インナーボブ

ぱっつんボブ×インナーカラー

可愛らしい雰囲気になりたい人にはピンクのボブインナーがおすすめ♡

あごのラインでカットしたぱっつんボブが、小顔効果をアップさせてくれます。

前髪も目の上でそろえると、さらにあどけない印象に◎

内巻きボブ×インナーカラー

前髪と顔まわりにブルーのインナーカラーを入れた、個性的なデザイン。

クリンとした内巻きカールが、ガーリーな雰囲気にしてくれます♡

パッと目を引く華やかな印象になるので、派手なスタイルに仕上げたい人におすすめです。

20代×インナーボブ

外ハネボブ×インナーカラー

こなれ感を出したい人には、ブラウン×ベージュのボブインナーがおすすめ。

ヘアクリップでざっくりまとめるだけでも、こんなにおしゃれなアレンジに仕上がります◎

カジュアル・フェミニン・ガーリーなど、さまざまなコーディネートと合わせやすいデザインです。

ウルフボブ×インナーカラー

トレンドのウルフボブに、インナーカラーを組み合わせたヘアスタイル。

おくれ毛にイヤリングカラーを入れているので、耳かけするとひと味違った雰囲気を楽しめます。

スタイリングする際は、顔まわりをしっかり巻いて動きをつけるのがポイントです。

30代×インナーボブ

くびれボブ×インナーカラー

大人っぽい雰囲気が可愛い外ハネボブ。

ベースカラーが暗めなので、レッドのボブインナーがアクセントになります◎

髪をおろせば目立ちにくく、さりげないおしゃれを楽しみたい人にぴったりです。

ストンボブ×インナーカラー

ストンと落ちるシルエットが可愛いボブヘア。

ブローするだけでしっかりまとまるので、朝のセット時間を短縮したい人におすすめです。

イヤリングカラーをチラ見せして、ヘアアレンジなしでもこなれた印象に♡

40代×インナーボブ

ボブレイヤー×インナーカラー

大人でも合わせやすいベージュのインナーカラー。

レイヤーをたっぷりと入れているので、軽く巻くだけでも動きのあるスタイルが完成します。

もみあげ部分は外ハネさせて、小顔見えを狙いましょう◎

ショートボブ×インナーカラー

コロンとしたシルエットが可愛いショートボブ。

カジュアルになりがちなショートカットは、ピンクのインナーカラーと合わせてバランスをとりましょう◎

明るめのインナーカラーに抵抗がある場合は、まわりの髪で隠しやすい範囲に調整してもらってくださいね。

50代×インナーボブ

ふんわりボブ×インナーカラー

50代以上の大人におすすめなふんわりボブ。

暗めブラウン×ベージュイヤリングカラーの組み合わせは、ハイトーンに抵抗がある人でもトライしやすいでしょう。

カジュアルな雰囲気のなかに、上品な印象を演出できるヘアスタイルです。

ショートボブ×インナーカラー

大人可愛い雰囲気のインナーボブ。

後頭部にしっかりと丸みを出して柔らかい印象に◎

ショートボブのすき間からチラ見えするベージュカラーで、さりげなく垢抜けを狙いましょう♡

【前髪あり・なし別】おすすめのインナーボブ5選

ここからは前髪あり・前髪なし別に、おすすめのインナーボブをご紹介します。
前髪のセット方法を変えるだけでも仕上がりイメージを変えられるので、ぜひ参考にしてください。

前髪あり×インナーボブ

シースルーバング×ぱっつんボブ×インナーカラー

外ハネボブ×オレンジインナーカラーのフレッシュな雰囲気の組み合わせ。

シースルーバングと合わせることで、さらに抜け感のある爽やかな印象になります。

ヘアセットする際はオイルなど、ややウェット系を選ぶとより今っぽい仕上がりに◎

フルバング×ミニボブ×インナーカラー

前髪や耳もとにオレンジのインナーカラーを入れた個性的なミニボブ。

重めのフルバングも明るめカラーをチラ見せすることで、抜け感のある仕上がりに。

まわりと被りにくいヘアスタイルを楽しみたい人におすすめです。

無造作前髪×外ハネボブ×インナーカラー

カジュアルな雰囲気が魅力の外ハネボブは、インナーカラーとの相性ばっちり◎

しっかりと耳かけして華やかさを演出しましょう。

あえて前髪を無造作にセットすることで、抜け感がアップしておしゃれ見えします。

前髪なし×インナーボブ

かきあげ前髪×ボブ×インナーカラー

モードな雰囲気のインナーボブ。

ざっくりとかきあげた前髪が、さらにこなれた雰囲気を引き立ててくれます。

ホワイトグレージュは褪色後も可愛い色になるので、長くおしゃれなイヤリングカラーが楽しめますよ♡

センターパート×ワンレンボブ×インナーカラー

トレンドのワンレンボブ。

センターパート×インナーカラーと組み合わせて、まるで韓国アイドルのような仕上がりに♡

イヤリングカラーはあえて耳かけせずに、すき間からチラ見せするのもおすすめです◎

ボブのインナーカラーをオーダーする際のポイント

ボブインナーをオーダーする際のポイントを解説します。
理想通りのヘアスタイルに仕上げたい人は必見です!

インナーカラーを入れたい範囲を具体的に伝える

スタジオスロウ 🍇オグラメグミ

インナーカラーは入れる位置だけでなく、どのくらいの範囲を染めるのかも重要です。
染める前に美容師さんとしっかりすり合わせができていないと、「思っていたよりも広範囲で派手になった…」なんてことになりかねません。

また染める色にもよりますが、インナーカラーはブリーチと合わせて施術することが多いため、2週間〜1ヶ月前後で色落ちしてしまうのが一般的です。
比較的褪色スピードが早いため、色落ち後のことまでしっかりと考えてオーダーしましょう。

ベースカラーと相性のよい色を選ぶ

ボブ.ロブ.ぷつっと 柔カラー.千葉いずみ

インナーカラーをよりおしゃれに見せるには、ベースカラーと相性がよい色を選ぶことが大切です。
明るめのアクセントカラーをより映えさせたいなら、黒やグレーなどの暗髪と合わせるとよいでしょう。

また、ヘアデザイン全体の統一感をアップさせたい場合は、同系色でまとめるのもおすすめ◎
なりたいイメージに合わせて、自分好みの組み合わせを見つけてくださいね。

ボブインナーでさりげないおしゃれを楽しもう♡

荒井史行♦️Top stylist ♦️

さりげないおしゃれが楽しめるインナーカラー。
ヘアスタイルに取り入れるだけで、ワンランク上のボブヘアを楽しめます。

また、カラーリングする場所や範囲によって、仕上がりの印象を調整できるのも魅力です。
よりこなれ感をアップさせて垢抜けたい人は、ぜひボブインナーを取り入れてみてはいかがでしょうか♡

いいね!
記事タイトルとURLをコピーしました!
カテゴリ
ヘア
タグ
-
アイコン

text bytetsuko

minimo room公式ライター

記事の感想をお聞かせください

感想フォームはこちら